寄附講座「地域再生学」の概要

本寄附講座の目的

 愛媛銀行寄附講座「地域再生学」は,地域中核企業の成長発展を通じての地域活性化のあり方について教育・研究することを設置の目的とする.

 各種統計では日本の景気は回復していると言われているが,生活者の多くはそれを実感できていない.これは,景気回復による恩恵を得ているのが東京などの一部の大都市とその周辺地域に限られており,多くの地方経済にまで波及していないことによるものである.従来の経済構造では中央の好景気は地方にまで波及効果をもたらしていたが,構造改革が進む現在では,その波及効果は限られたものとなりつつある.

 地方の生活者が豊かさを実感するためには,中央からの波及効果に期待しての経済発展ではなく,自らの手で持続的な経済成長を実現しなくてはならない.このためには,各企業が単独で努力するだけではなく,各企業と地方公共団体,教育機関,さらには地域コミュニティが連携協力し,地域全体が一体となって地域の魅力や価値の向上に努める必要がある.そして,そのような地域の魅力や価値をベースとすることによってこそ,地域企業は成長発展できるのであり,それを通じての地域活性化が実現できるのである.

 本寄附講座は,以上のような視点から,地域企業の成長発展を通じての地域活性化について研究することによって,地域社会に貢献するという大学の社会的使命を果たすことにしたい.

 本寄附講座においては,地域企業の成長発展を通じての地域活性化について総合的に研究を進めていくと共に,以下のような研究と教育を重点的に推進していく.

本寄附講座における研究課題

 第一は,地域特性に応じた経済発展のあり方についての研究である.
 地域経済の状況は各地域の地理的条件や産業構造などによって千差万別であり,画一的な手法によっての地域経済の活性化には限界がある.本研究では,愛媛県の産業構造や事業者の状況,さらには地域資源といった地域特性を明らかにした上で,その特性を活かした地域経済の活性化のあり方や手法について調査検討する.

 第二は,地域における企業経営のあり方についての研究である.
 地域経済の成長発展とそれを通じての地域活性化のためには,価値創造の場であると同時に地域住民の雇用の場でもある地域企業の成長発展が不可欠である.しかし,グローバル化の進展や地域間競争の激化によって,苦境に立たされている地域企業も多い.本研究では,地域企業の競争力を高め,収益性を向上させるための企業経営のあり方や企業再生手法について研究する.その際,地域企業の中でも地域経済に与えるインパクトの大きい中核企業を中心に研究を進める.

 第三は,地域活性化に資する人材育成のあり方についての研究である.
 経済のサービス化や知識化が進んだ現代社会においては,価値の源泉は資金や設備といった物的資本ではなく人材であり,活性化が必要な地域ほど優秀な人材を必要としている.本研究では,地域活性化に資する人材育成のあり方について研究すると同時に,地域企業と大学が連携協力しての人材育成についての実践も行う.

本寄附講座における教育

 上記のような研究を基盤として,地域住民ならびに学生が参加可能な開放講座を開催し,地域企業の成長発展を通じての地域活性化についての講義を行うと共に,シンポジウム等を開催し,研究成果を幅広く地域社会に還元していく.特に開放講座においては,体系的かつ実践的な講義を行うことによって,地域経済の活性化を積極的に担いうる人材の育成を目指す.