書籍『地域再生学』

本書は,愛媛大学法文学部総合政策学科および地域創成研究センターのスタッフが行ってきた
3年間の研究成果を「地方経済」「地域資源」「コミュニティ」という三つの観点からまとめたものである.


   出版:晃洋書房  定価:3200円(税別)
   2011年3月刊行

第1部 地域再生と地方経済

 第1章 県内中小企業の景気動向に関する研究
 第2章 電子商取引に対する消費者動向
 第3章 M&Aの機能的思考による新産業創出
―新産業の創出による地域再生―

第2部 地域再生と地域資源

 第4章 自治体のECプラットフォーム利用による地域産業振興
 第5章 伊方原発受入れは地域振興に役立ったか
―原発建設地選定から40年の歴史とプルサーマル発電―
 第6章 地域ブランドの構築とマーケティング戦略
―馬路村のゆず加工品、黒川温泉を事例として―
 第7章 遺産(ヘリテージ)ブームと地域再生
―文化財から近代文化遺産・産業遺産へ―

第3部 地域再生とコミュニティ

 第8章 まちづくりマーケット
―もう一つの「市」についての考察―
 第9章 愛媛県上島町弓削島における
       地域づくりへの取り組みと地域プロデューサーの役割

―株式会社「しまの会社」と兼頭一司氏の活動―
 第10章 地方都市における住民生活の再生
―高知市旭「アテラーノ旭」のまちづくり活動から)―

 本書は学術研究書のため,通常の書店では在庫が僅少であることが予想されます.
 その場合は,書店経由で出版社から取り寄せていただくか,あるいは出版社に直接ご注文ください.