書籍『地域創生学』

本書は,愛媛大学法文学部総合政策学科および地域創成研究センターのスタッフが
2011年から2013年までの3年間に行ってきた「地域創生」に関する研究成果をまとめたものである.


出版:晃洋書房  定価:3200円(税別)

2014年3月刊行


第1章 地域創生を担うリーダーの育成

 第2章 地域情報の流通による地域活性化

 第3章 公共財としての無線LAN位置情報データベースの可能性

 第4章 四国における金型製造企業の存立基盤

 第5章 四国遍路道を世界遺産に

 第6章 「地域力」の醸成に寄与する商店街
―神戸市長田区長田神社前商店街を事例にして―

 第7章 被災地域における直売市(ファーマーズマーケット)の役割
―気仙沼朝市およびニューオーリンズの経験より―

 第8章 離島における生活空間の現状と課題
―愛媛県宇和島市戸島本浦地区を事例に―

 第9章 集落型コミュニティビジネスの可能性
 本書は学術研究書のため,通常の書店では在庫が僅少であることが予想されます.
 その場合は,書店経由で出版社から取り寄せていただくか,あるいは出版社に直接ご注文ください.